最強ブログランキング参加中だ

最強ブログランキング参加中だ
↓ ↓ ↓ ↓

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ジャパンカップ 最終追切暴露話(関西馬編)

↓□ジャパンカップの三連単無料買い目公開□
※丸ノリはお勧めしないが、必ず買い目の参考にしたいと思う。



=デビルに指名され悲惨な結果の穴人気馬=

高松宮記念  6人気トラヴェスーラ
日経賞    3人気ヒートオンビート
ダービー卿CT4人気ボンセルヴィーソ
大阪杯    5人気ヒシイグアス
阪神牝馬S  4人気マジックキャッスル
アーリントン 2人気ジュンブロッサム
皐月賞    9人気ジャスティンロック
福島牝馬S  4人気シャーレイポピー
フローラS  1人気ルージュスティリア
天皇賞春   4人気ヒートオンビート
京都新聞杯  4人気メイショウラナキラ
ヴィクトリア 7人気アンドヴァラナウト
葵ステークス 5人気シゲルファンノユメ
安田記念   5人気ソウルラッシュ
エプソムカップ5人気タイムトゥヘヴン
米子S    8人気スーパーフェザー
マーメイドS 3人気ステイブルアスク
パラダイスS 1人気グレイイングリーン
宝塚記念   9人気キングオブコージ
ラジオNIK賞6人気グランディア
七夕賞    9人気ヴァンケドミンゴ
プロキオンS 1人気ラーゴム
函館記念   8人気タイセイモンストル
中京記念→  1人気ファルコニア
クイーンS→ 9人気ファーストフォリオ
小倉記念→  2人気ムジカ
キーンランド 9人気シゲルピンクルビー
新潟2歳S  1人気アイスグリーン
京成杯AH  5人気シャーレイポピー
ローズS   3人気セントカメリア
神戸新聞杯  3人気ヴェローナシチー
オールカマー 1人気デアリングタクト
シリウスS  7人気オーヴェルニュ 
スプリンターズ2人気ナムラクレア
京都大賞典  3人気ウインマイティー
秋華賞    4人気アートハウス
菊花賞    4人気プラダリア
天皇賞秋   2人気シャフリヤール
ファンタジー 3人気バレリーナ
アル共和国→ 9人気ダンディズム
武蔵野S→  3人気スマッシングハーツ
エリ女    6人気ピンハイ
マイルCS→ 4人気ソウルラッシュ

ジャパンカップで買わない馬は👉コチラ【馬券情報・最前線(栗東編)関西の事情通が思惑の真相に迫る!】

過去に御紹介した上記の人気馬は悉く凡走か3着までの人気馬。今回も好走するが来ても3着までと考えている人気馬、馬単で購入しない人気1頭は👉コチラで掲載中。【馬券情報・最前線(栗東編)関西の事情通が思惑の真相に迫る!】で掲載中。ココで推奨している1頭は3着までと判断できれば馬券はシンプルになる。




水曜19時現在の今週新規御入会は5名(元会員様の復活含む)希望サービス配信レースは以下の人数です。

京阪杯   (3名
京都2歳S (0名
サービス無し(2名




水曜は競馬サークル関係の事情で時間が無いので早速本題に入る。本日はジャパンカップの最終追い切り情報が続々と入ってきている暴露話を紹介しよう。


まず本日は前編として関西馬から。
最終追い切り終了でトレセン内で評判の上がった1頭と、下がった1頭を掲載しようと思う。評価上げは1週前は前走の反動を感じる動きだったが、しっかり本番に間に合わせた1頭。あとは極端な枠を引かなければ。


評価下げは前走の反動が見られるという人気馬と穴人気馬の計2頭。どうやら成長力という意味でもG1では厳しく、今回も評価下げ含めじっくり見守りたい2頭だ。秋競馬も暴露ブログは攻めるので確認よろしく。




=============

◆2021年 秋G1
12戦4的中 回収率141%
43万円→60万4千円

=================



「春のG1暴露会員」に続き「秋のG1暴露会員」を募集。

■秋のG1暴露会員12番勝負■
スプリンターズS~有馬記念までの12個のG1の12番勝負。

◆新規会員1万
※東京大賞典・阪神カップは配信決定済み。

■①配信内容→馬単3点から6点(1点1万円計算報告)

■②配信時間→レース早朝8時頃には完了


①配信内容だが、競馬は勝つ馬を探すギャンブルであり、逆に3着は紛れで何でもアリ状態という事で1着軸を決めて馬単2点~もしくはマルチ4点や2軸で6点で十分だと思う。勝ち馬が難しい場合は馬連3点から6点の場合もあると思うが。1点1万円報告になるが、金額は個々の予算に任せたいと思う。同額で買うのがオススメだ。

②配信時間だが、深夜に情報が全て揃うので24時前出の配信は厳しい。しかし皆さんが目覚める頃には、配信されているように早朝7時頃配信を目安にしたい。


■応募はコチラ→tigahn-bakuro@yahoo.co.jp



馬券で勝てる可能性を上げるのに1番近道なのが「危険馬」であり、ブログ観覧の読者様は、何度も危険馬の凡走には驚かれていると思う。

ハッキリ言って危険馬の好走よりも、ヤリ馬の凡走の方が多いのが現状である事が全てを物語っているでしょう。

馬券圏内馬から競馬サークル内で出回っている危険馬を引いて、残りの数頭の中から馬単や馬連で勝負するというシンプルな暴露競馬の秋のG1に今後も期待してほしい。